犬山高校の特色

犬山高校は、生徒一人ひとりの進路目標に沿ってきめ細かく指導できる学校です。
毎日が「朝の読書」で始まります。
  • 毎朝8時40分から50分までの10分間は読書の時間です。
  • 1日が静かな読書で始まり、その雰囲気のまま授業へと移っていきます。
「きめ細やかな授業」を展開します。
  • 少人数指導、ティームティーチング、習熟度別の授業が半分以上。
  • わかりやすく、きめ細やかな教科指導。
3年間を見通した進路指導を行っています。
  • 充実した「なるには講座」(上級学校見学会)、進路見学会(1年生)
  • 大学・企業等を迎えた系統別(進路希望別)ガイダンス、インターンシップ(2年生)
  • 系統別ガイダンス(2回目)、本校におけるオープンキャンパス(大学・短大・専門学校)(3年生)
授業以外の学習活動が充実しています。
  • 補習(進学や各種資格取得のために、早朝、業後、長期休業中に実施)
  • 「土曜学習講座」(模擬試験対策も含めて補習形式で実施)
  • 模擬試験、各種検定試験
  • 高大連携講座(名古屋学院大学、名古屋経済大学)
基本的な生活習慣と規範意識の確立を目指し、粘り強く指導します。
  • 毎朝の校門における挨拶・遅刻・身だしなみ指導
  • 毎朝の近隣における交通安全指導
  • 携帯電話のマナー指導
充実した高校時代が送れるようサポートします。
  • 「総合的な学習の時間」を利用した「在り方」指導(1・2年生)
  • 学校行事の充実(沖縄修学旅行、校外学習、白百合祭、球技大会)
  • 活発な生徒会活動(通学路清掃や観光関係等での奉仕活動、校内美化活動等)
部活動が年々活発になってきています。
  • 業後、休業日を問わず、毎日熱心に活動する部活動が増えています。
  • 専門的に指導できる教員がそろっています。