学校感染症の対応

下記の病気は、学校保健安全法第19条によって、他の生徒に感染するおそれのある間は、登校できないことになっています。
【第一種】
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARS)、鳥インフルエンザ
【第二種】
インフルエンザ、百日咳、麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風疹、水痘(みずぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核、髄膜炎菌性髄膜炎
【第三種】
コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他の感染症

※ その他新感染症については、担任または養護教諭にお問い合わせください。

治癒し、医師から登校の許可がでましたら、下記の通り対応してください。

①インフルエンザの場合
医療機関にて登校の許可が出ましたら、保護者が「インフルエンザによる出席停止届」を記入し、学校へ提出してください。

※こちらを印刷してください⇒インフルエンザによる出席停止届[PDF]

②インフルエンザ以外の場合
医療機関にて「学校感染症治癒証明書」を記入してもらい、学校へ提出してください。学校の様式以外の「治癒証明書」等であれば、学校の様式に添付してください。

※こちらを印刷してください⇒学校感染症治癒証明書[PDF]