沿革

明治44年5月2日犬山町城東村学校組合立犬山実科高等学校として設立認可。
  (修業年限2か年、生徒定員80名)
明治44年6月15日犬山高等小学校内に開校。
明治45年5月2日修業年限を4か年に改める。
大正8年4月21日校名を愛知県丹羽郡犬山町立高等女学校と改称する。
大正13年1月14日校舎新築地を犬山町首塚(現在地)に選定し、土地を購入する。
大正15年6月1日新築2階建校舎完成し、現在地に移転する。
昭和4年4月1日校名を愛知県立犬山高等女学校と改称する。
昭和21年3月14日修業年限を5か年に改める。
昭和22年4月1日新制中学令実施に伴い、愛知県犬山高等女学校併設中学校と改称する。
昭和23年4月1日学制改革に伴い愛知県立犬山高等学校となる。
昭和24年4月1日公立高等学校において全面的に学区制並びに男女共学制が実施される。
 全日制総合高等学校として普通科・商業科・家庭科の三科を設置する。
昭和32年6月30日講堂兼体育館竣工。
昭和43年4月1日家政科募集停止。
昭和44年3月31日商業科教室竣工。
昭和44年4月1日定時制課程開く。
昭和47年3月1日武道館竣工。
昭和55年11月11日創立70周年記念式典・行事挙行。
昭和56年9月19日講堂兼体育館「敬道館」竣工。
平成2年10月28日創立80周年記念式典・行事挙行。
平成12年11月18日創立90周年記念式典・行事挙行。
平成15年4月1日普通科にコース制を導入。普通コースと情報活用コースを設置する。
平成22年10月22日創立100周年記念式典・行事挙行。